小学生におすすめ!ミニバスを始めたらぜひ読んでほしいバスケ漫画

GOGO
こんにちは。
小学生と中学生の子供を子育て中、GOGOです。

我が家の子供たち2人とも、小学生の時からミニバスチームに入っています。
お兄ちゃんは小3から始め、今では中学のバスケ部に入りがんばっています。
そんなお兄ちゃんをみてきた妹は、小1からミニバスチームで練習を続けています。

これまでバスケに縁がなく、バスケのルールが全く分からなかった私は、子供と一緒にバスケの漫画を読みました。
そこでルールや動き方、そしてバスケの魅力を学んだと言っても過言ではありません。

そこで、小学生でも読める、おすすめのバスケ漫画を紹介します。

小学生におすすめ!バスケを題材にした漫画

SLUM DANK(スラムダンク)

バスケの魅力が最大限に描かれた名作漫画

バスケといえば、まずは「SLUM DUNK」ですよね!

バスケ大嫌いな不良少年、桜木花道が徐々にバスケにのめり込んでいく物語。花道の天賦の才能が徐々に開花していく様子に、安西先生とともにふるえます!
「あきらめたらそこで試合終了ですよ」や「リバウンドを制する者は試合を制す」、「バスケがしたいです」など数々の名言を残した名作。

バスケの素人である花道が主人公なので、一からバスケのことを学べます。

黒子のバスケ

才能がなくても自分なりの戦い方を見つけた黒子を取り巻くバスケ漫画!

新設2年目の誠凛高校バスケ部に入部した、アメリカ帰りでずば抜けた身体能力を持つ火神大我と、バスケの名門「帝光中」出身なのにドリブルもシュートも下手で、影が薄い黒子テツヤ。
才能がないからバスケをやめろ、という火神に、黒子は言う「ボクは影だ」ー。
黒子の言う「影」とは?黒子のバスケとは!?

半分アクション?のような、凄技続出のバスケ漫画!

ずば抜けた才能がなくてもバスケには色々な戦い方があるんだってことと、バスケはチーム競技だということを教えてくれます。

switch

双子の兄弟が紡ぐバスケの物語

小学生の双子、陸玖と雷夢。
バスケチームのエースの陸玖に対して、バスケに興味がないという雷夢。しかし本当は「死ぬほど負けず嫌い」な雷夢は、陸玖にだけは負けたくない!とバスケも隠れて必死に練習していた。陸玖と比べられることを恐れていた雷夢だが、陸玖が自分をライバルだと言うのを聞き、ついにバスケを始めることに!

初めて一緒にプレイをした2人は、「ミラーツイン」と言うべき息ぴったりのプレイに確信する。オレ達が組んだら、最強だ!
そんな矢先に事故が起きるー。

小学生からはじまり、舞台は高校生へ。あまり言うとネタバレになってしまうので、とにかく読んでほしい!

あひるの空

弱小バスケ部がぶつかり合って成長していく!

身長は149cmと小柄だけれど、バスケが大好きな高校生、空。入学した高校のバスケ部に入ろうとしたが、そこは不良の溜まり場だった…!空のバスケへの情熱が次第に周りを変えていく!!

弱小バスケ部が、様々な問題を乗り越えて成長していく青春スポーツ漫画。

熱さと笑いのバランスがちょうどよくて、我が家の小中学生が夢中で読んでます!

B-TRASH

バスケに情熱はあるものの、口が悪く他人を信用しない嵐矢平人。バスケの名門高校からスカウトされたのは、平人の唯一の友達、優だった…。

平人は”並の波高”と呼ばれる波南高校でバスケ部に入り、優のいる名門校に勝つと誓う。
しかし波高のバスケ部メンバーは曲者揃いだった。

口が悪くて嫌われ者が主人公、というちょっと変わったストーリー。少しずつメンバーが集まって強くなっていくバスケ部とともに、平人も少しずつ成長していく姿がみどころ!

バスケ漫画を読んでモチベーションアップ!

いかがでしたか?
バスケ漫画を読むことで、ルールやバスケ用語、動き方などが分かるだけでなく、子供自身のやる気やモチベーションもアップすると思います。

バスケならではのスピード感、バッシュの音、シュートを打った瞬間の静けさ、決まった瞬間の歓声…
バスケっていいですよね〜。
魅力あふれるバスケ漫画、ぜひお子様と一緒に読んでみてください。