スマホ代を節約しよう!格安SIMへの変更手順[その1]

スマホ代、月々いくらかかっていますか?

我が家の夫、2ヶ月ほど前にスマホを壊したことをきっかけに、新しい機種を買い、ついでに通信費も見直して「格安SIM」に乗り換えました。
そうしたら、なんと!毎月1万円近くかかっていたスマホ代が、1,000円台になったんです。

1ヶ月あたり約8,000円あたり安くなり、1年で換算すると、約9万6000円!?

格安SIMってよくわからないし、大手が安心、と格安サービスを敬遠していた私ですが、1年に10万円近く安くなると聞けば話は別!
というわけで、現在使用中SoftbankのiPhoneから、「格安SIM」へ乗り換えることにしました。

SIMとは?

でも、シム?って何??? 状態の私。
夫のサポートを受け、SIMとは何か?から、数あるSIMサービス会社のどれがいいのか?まで、色々勉強してみました。

SIMとは・・・

Subscriber Identity Module(サブスクライバー・アイデンティティ・モジュール)の略で日本語にすると【加入者識別規格】となります。また一般的にSIMと言われるのは「SIMカード」の事を指します。

SIMとは、スマホやガラケー、タブレットなどの端末に差し込まれている、小さなICチップ(SIMカード)のことを指します。
データ通信や音声通話などを行うために必要不可欠なもので、通信事業社から付与される電話番号がこのSIMカードと紐付けられ、通信が可能となるそうです。

2015年5月から、SIMフリーが義務化

今までは、購入した携帯と同じキャリアのSIMカードでないと利用ができないという制限がありました(SIMロック)。docomoの携帯にはdocomoのSIMカード、Sortbankの携帯にはSoftbankのSIMカード、といった感じですね。

でも2015年5月から、「SIMロック解除の義務化」がスタート。
2015年5月以降に発売された携帯端末は、端末を変えずに、通信会社を変えられるようになったのです(SIMフリー)。
※ただし、docomo、au、Softbankで購入した端末は、購入後180日経過後からSIMロック解除という制限があります。

格安SIMとキャリアの違い

では、Softbankから格安SIMに変えた場合、どんな変化があるのか、考えてみました。

携帯用のメールアドレスがない

これに対応するには、Yahoo!メールや、Gmailなどのアドレスを新しく作って、それを携帯で受信するようにすれば大丈夫。

ママ友たちの間ではLineが主流だから、あまり影響はなさそうです。
学校や幼稚園の連絡メールに登録してあるので、そこは変更手続きが必要。両親などLineを使用していない人たちへも連絡する必要がありそうです。

通話料の上限がない

格安SIMのデメリットの一つが、通話料金が高いということです。
また、通話し放題系のプランはほとんどないので、通話時間や通話回数が多い人には格安SIMは向いていません。

私の場合、連絡はほぼLineかメール、たまに使うとしてもLine通話や家の電話を使えばオッケーです。

通信速度が遅くなる可能性がある

格安SIMの会社の回線は、大手のキャリア(docomo、au、Softbank)の回線をレンタルして提供されています。
利用する会社にもよりますが、レンタルしている帯域が少なかったり、レンタルしている帯域がパンパンになってしまうくらいアクセスが混み合ったりすると通信速度が遅くなるようです。

とはいえ、SIMフリーが一般化してきていることにより、大分改善されているようですし、夫の使っている様子を見ていても特に問題なさそうです。
それに、使ってみて不便だと感じた場合でも、使用期間の縛りがないため乗り換えも簡単です。

格安SIMに変えるには?

そんな感じで、格安SIMに乗り換えても特に不便なさそうなので、早速手続きしようと思います。

格安SIMに変更するために必要なのは、以下の二つ。

  1. SIMフリーの携帯端末
  2. 格安SIM会社のSIMカード

私の端末は、2年ちょっと前に購入した「iPhone5」なので、新しい機種が必要です。
やっと機種代の割賦が終わったところですが、計算上は半年使えば元はとれるはずなので、ここは割り切って新機種を購入します。

Softbankで機種変更した場合、購入後180日経過しないとSIMロック解除が行えないそうなので、今回はApple StoreでSIMフリーの「iPhoneSE」を購入することにしました。
iPhoneSEを選んだ理由は、これ以上大きいサイズだと片手で操作しにくいし、ポケットに入りづらい、上手くつかめずに落とす頻度が上がりそう、といった理由です。値段もiPhone6シリーズより安くて、16GBなら¥47,800(税抜)です。(※ 2016年6月現在)

オンラインで購入したところ、2〜3週間待ちだそうです。
待っている間に、どこの会社のSIMカードにするか選ぼうと思います!

スマホ代を節約しよう!格安SIMへの変更手順[その2]へ。